横浜のブランド食器買取ならお任せ下さい。

食器買取専門店 ライフバケーション
無料査定はコチラ

横浜のブランド食器買取【ポイントとFAQ】

横浜で食器買取をしたいならば私たちにお任せください。食器買取を専門にしているスタッフが在籍していて、迅速で正確な査定を心がけています。ブランド食器の買取だけではなく販売も行っています。実店舗があるため、安心して利用することが可能です。ウェブ上には無料の査定フォームを用意しているため、気軽にお申込みいただけます。買取に関して不安な人は店舗にまでお持ちいただくこともできます。お店の存在が不安な人はいつでも下見にお越しください。さまざまなブランド食器を取り扱っています。

ブランド食器 買取

イギリス食器からフランス食器、日本食器まで数多くのブランド食器に対応していて、正確な価値を見極めて査定価格を算出します。1点ずつ査定価格を正確に買取書に記載するため、安心して利用できるでしょう。査定や見積りはすべて無料で行えます。郵送買取については買取キットを用意しており、これも無料です。査定を受けてからキャンセルしたい場合も、キャンセル料の請求はありません。すでに使っているブランド食器の買取にも問題なく対応しています。大皿やスープ皿、カップ、ティーセットといったものまで高価買取を行っています。食器買取を利用したい人は気軽に株式会社ライフバケーションまでお問い合わせください。

01ブランド食器買取サービスとは

ブランド食器買取サービスとは、その字の通りにブランド品の食器を買取してくれるサービスのことです。
全国にはブランド食器を専門に買取を行っているお店が複数営業していて、店舗を構えているお店もあれば、ネットだけで商売をしているお店もあります。
一昔前では、ノンブランドの安価な食器をリサイクルショップなどでも買取していましたが、今では新品以外の食器は無料でも引き取りしてくれない買取店の方が多くなっています。
ブランド食器の買取サービスを行っている専門店なら、新品はもちろん中古品でも喜んで買取してくれます。有名ブランドの人気商品なら、中古品でもかなりの査定額が付くケースもあって、骨董品的価値がある食器には、驚くほどの値段が付けられることもあります。
そのため、遺品のブランド食器を専門店に持ち込んでみたら、総額で数十万円や100万円を超えたという事例も多数確認されています。
一口にブランド食器と言ってもいろいろな種類があって、中にはブランドでも買取してもらえないものもあり、使用感などの状態や程度によっても買取価格は大きく変わります。

02初めてブランド食器を買取に出すときに知っておきたいこと

以前は長く使用した中古の食器でも、近くのリサイクルショップに持ち込めばお金に替えてもらえたという方も少なくないと思います。
しかし、現状多くのリサイクルショップをはじめとした買取店が、新品しか取り扱いしてくれないようになっています。
ただし、元値が高額なブランド食器となれば話は別で、アンティーク価値が認められるような商品には今でも高値をつけてくれるリサイクルショップも存在しています。
しかし、食器の価値を認識できないお店だと、ブランド品でも他の食器と同じように、ただの中古品としてゴミ扱いされるばかりか、引き取ってもらえたとしても回収品として処分費用を請求されてしまうこともあります。

初めてブランド食器を買取に出すときに知っておきたいこと

その点ブランド食器買取専門店なら、どのような商品でも正確に鑑定ができるプロフェッショナルが在籍しているため、値打がある食器を安く買い取られることもゴミ扱いされることもありません。
近くに食器買取専門店がないという場合でも、今ではインターネットで検索すれば日本全国からブランド食器を買取してもらえるお店を見つけることができますので、不要なブランド食器は捨てないで、まずは専門店に査定してもらうことをおすすめします。

03ブランド食器を買取に出すときに良くある3つのお悩み


1.意外と知らない国産食器の需要について
国産の食器でも高値が付くものもあるブランド食器と聞くと海外製を想像する方も多いと思いますが、有田焼、九谷焼など国産の焼き物もとても人気があり、需要が高い食器は高額買取の対象になります。
国産の焼き物は最近では特に海外からの需要があるため、再販ルートを幅広くもっている買取店が狙い目で、お店によって買取金額に大きな違いが出ることも、食器によっては買取してもらえないこともあるので気をつけましょう。

2.単品でも買取は可能
食器はセットでなくても買取してもらえるの?と心配されている方もいるようですが、ブランド食器であれば単品でも箱なしでも買取してもらえる可能性は高いと言えます。
一人暮らしの方やコレクション用に単品で欲しいというケースも多いようです。

3.ノンブランドでも買取対象品になる
ブランド食器でなくても、新品や人気のある食器であれば買取してもらうことは可能です。
ブランド食器買取専門店でなくても、新品で購入した状態で化粧箱に入っている食器であれば、買取してもらえないということはまずないと思います。

04高額買取が期待できるブランド食器のプレートの種類

ブランド食器 買取

ブランド食器の中にはいろいろな種類がありますが、その中でもプレート、つまりお皿は多くのコレクターもいる人気アイテムです。
プレートにも「小皿」「中皿」「大皿」「深皿」「スープ皿」「変形皿」などいろいろな種類があります。
小皿は取り分け用として使い勝手が良いプレートで、16pサイズはパンプレートと呼ばれ、直径17pまでのお皿を指します。
中皿は18〜24pまでのお皿を指し、18pサイズはケーキ皿やデザート皿とも呼ばれています。デザートの他にもサラダや前妻などの取り皿としても使用されます。
25p以上のお皿は大皿やプレート皿と呼ばれていて、フォーマルな食卓では位置を決めるお皿やサービスプレートとしても使用されます。
深皿はボウル型をしていて、和食器で言うと鉢を指します。13〜24cm前後のサイズが主流となっていて、13cmサイズは「フルーツソーサー」、20cm以上は「シリアルボウル」、24cmは「サラダボウル」と呼ばれることもあり、煮物を盛り付ける際には欠かせません。
スープ皿はその名の通りにスープ用として使用されますが、カレーやシチューなども使えるとても便利なアイテムです。
変形皿は丸型ではないプレートで、三日月型の「クレセント」やたまご型の「オーバル」などいろいろな形があります。

05横浜市に拠点を置き全国対応でブランド食器を買取

神奈川県横浜市神奈川区に拠点を置き、札幌店、仙台店、宇都宮、東京、大阪、福岡にも店舗を構え、ブランド食器の買取を行っています。郵送買取では全国対応となっています。
神奈川区は、横浜市を構成する18区の一つで、横浜市の北東に位置しています。2021年7月時点の人口は約24万7千人となっています。
神奈川区は山と海に囲まれている自然豊かな場所で、地形は臨海部、内陸部、丘陵部の3つに分かれています。臨海部の横浜港エリアには「京浜工業地帯」が広がっていて、横浜市中央卸売市場本場や横浜郵便集中局など、横浜市を支える施設が集まっています。
オフィスビルや高層マンションなども立ち並び、横浜の都会らしさも味わえるようになっています。
神奈川区には、JR線、京急線、東急東横線などが後入れていて、乗り換えも便利なため東京などへのアクセスも良いのが特徴的です。
街の中心地である東神奈川駅周辺には、買い物にも便利な施設が整備されていて、駅構内には駅ナカ店舗もあって、電車の待ち時間に便利に利用できるようになっています。東京の品川駅までは約23分で行くことができます。
神奈川区は、市内では第5位の人口を誇りますが、犯罪率は低く治安の良さでも知られています。

06中古のブランド食器にはどのくらいの買取価格が付くの?

使用していないブランド食器は、たとえ中古品でも高値で買取してもらえる可能性があるので、専門店に一度査定してもらうことを推奨します。
気になる中古ブランド食器の買取価格ですが、わざわざお店に出向かなくても、インターネットで調べると買取相場が出ている場合もあります。ただし、食器には数えきれないブランドがあって、買取相場が分かるのはごく一部の商品であることが現実なので、できるだけ高く買取して欲しいという方は、直接複数の専門店に問い合わせて相見積りをとることをおすすめします。

中古のブランド食器にはどのくらいの買取価格が付くの?

ブランド食器を高く売るにはいくつかのコツもあって、査定に出すときには汚れやホコリをキレイに落とす手間を惜しまないようにしましょう。見た目が悪いよりも良い方が査定員への印象も良くなり、査定金額がアップしやすくなります。
また、外箱をはじめとする付属品は揃っていた方が査定金額アップにつながります。ブランド食器にも流行があるため、売るタイミングを図ることも高額査定を引き出すコツでありテクニックです。
ブランド食器ともなれば、中古でも買取に対応してくれる買取店は多いですが、食器専門店を選択した方が、高値が付く可能性は高いです。

07ブランド食器を買取してもらうときの3つのポイント

01食器の相場を買取に出す前に確認しよう

ノンブランド品ならそれほどナーバスになる必要がありませんが、ブランド食器の場合はその価値を認識しないまま買取に出すと、大損をしてしまうこともあるので注意しなくてはいけません。
人からのプレゼントや親が購入した食器が、予想以上に高いものだったということは良くあります、
食器の知識がない方は、買取に出す前に商品の相場を調べることを推奨します。

02ブランド食器なら中古でも重要がある

一昔前なら、中古の食器を買取してくれるリサイクルショップや買取店も多かったのですが、最近では中古品には1円もつけてくれないお店がほとんどです。
しかし、ブランド食器であれば中古でも買取してくれるお店も多いので、間違っても売れないと思ってゴミとして処理してしまうことは避けましょう。

03食器の買取は専門店を利用するのがベスト

リサイクルショップなどでも、新品で未開封の食器であれば喜んで買取してくれます。
しかし、ブランド食器の場合は、その知識に長けている専門店を利用するのがベストで、買取価格や大幅にアップすることも珍しくありません。
ブランド食器をきちんと鑑定できない査定員がいるお店とは、取引しないでください。専門店でもお店によって買取価格は異なります。

08ブランド食器を買取してもらうお店はどうやって選ぶべき?

高額なブランド食器を買取してもらうなら、食器に関する専門的な知識を持つ鑑定士がいるお店を選びましょう。
食器を正しく査定するには、かなり専門的な知識が必要となり、一般的な商品よりも難しいと言われています。特に中古品はいつ頃製造されて、そのときにどのくらいの人気があるかによって買取価格も大きく変わってきます。
また、珍しい商品や希少価値が付いていれば、利用するお店によっては何倍もの違いが出ることもあるのです。もしも査定スタッフがリサイクルショップのように他の商品の鑑定もしている場合は、適切な査定が行われていないで、価値ある食器を安価で買い叩かれてしまう可能性が高くなります。
信頼できる査定員かどうかを確認するには、難しい食器の知識に関する質問をしてみると良く、満足いく回答が得られない場合は他のお店をあたった方が良いかもしれません。
高額なブランド食器を取引するお店は、個人情報などの管理がしっかりなされているかも重要なポイントとなります。インターネットの口コミなどを参考にして、悪い噂などが出ていないか確認して、できるだけ信頼性の高いお店を選択してください。

09食器の買取に関する相談事例

食器の買取に関する相談事例

どんな食器が高く売れるの?という質問はよく頂戴しますが、そもそも使用した食器を買取してもらえるのかという相談をもらう機会が増えています。
少し前までは、リサイクルショップなどでも中古の食器を買取していましたが、現在では新品以外の食器の買取に対応しないお店がほとんどとなりました。
その点、食器の買取を専門にしているお店であれば、高価なブランド食器や人気メーカーの食器は新品でなくても買取可能となっています。
当然ですが、新品で未開封のブランド食器なら、かなりの高額査定が期待できます。ブランド食器買取専門店であれば、リサイクルショップでは買取してもらえなかった古い食器に高値を付けてもらえることもよくあります。特にアンティーク品などで希少価値があるものなら、数万円以上の値段がつくことも珍しくありません。
食器の買取専門店には目利きの鑑定士がいます。人気メーカー以外でも、正しく鑑定して適正価格を提示します。ブ
ランド食器なら、単品でも箱がなくても買取可能です。また、ノンブランド品の食器でも買取してもらえる場合もあるので、諦めないでとりあえず査定に出してみることをおすすめします。

10買取に関することでよくある3つの質問

質問 食器を買取に出す際の注意点は?
回答 高額なブランド食器やアンティーク品の場合は、中古でも買取してもらえますが、ノンブランド品やブランド食器でも価値の低いものは、新品でないと買取してもらえない可能性が高いです。
また、未使用品でも、食器は使用したかどうかの判断が難しいため、正規の箱に入った状態でないと買取してもらえない可能性があるので、その点にも注意が必要です。
質問 ブランド食器の査定基準は?
回答 やはり、元値が高く需要が高い人気商品は高額査定がつきやすくなります。
たとえば、マイセン、バカラ、ノリタケ、ロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッドなどは、査定が高くなる可能性が高いです。
あとは、できるだけ保存状態が良い方が高い査定につながるので、アンティーク品などはしっかりとお手入れをしておくことや、査定に出す前にできるだけキレイにすることを推奨します。
質問 食器を買取に出すベストタイミングとは?
回答 一刻も早く買取に出すことが、ベストタイミングと言えるでしょう。
アンティーク品は売る時期は関係ないのでは?と考える方もいると思いますが、割れ物である食器はいつ壊れるか分かりません。
地震の多い日本では、特に破損の奇形性が高いので、そのことを考えるとはやり早めに買取に出して方が良いと言えます。

11買取業者選びの注意点

POINT ブランド食器を買取してもらうには、リサイクルショップをはじめとした買取店や、不用品回収業者や引越し業者などを利用する方法などがありますが、少しでも高く買取して欲しいなら、ブランド食器専門の買取店を利用することをおすすめします。
一昔前なら、中古の食器でも家の近所にあるリサイクルショップなどでも買取してもらえましたが、今の時代使い古しの中古の食器を喜んで買取してくれる買取店はほぼ存在していません。
しかし、ブランド食器やアンティーク品に関しては、その価値が分かるお店に持ち込むことで、高額での買取も十分に可能となっています。
それがブランド食器の買取専門店ともなれば、確実にその価値を鑑定できるプロが在籍しているので、価値ある食器を0円査定されることも、安値で買い叩かれるような心配も不要となります。
ただし、専門店によっても、買取価格が全く同じくなることはないと考えた方が良いため、複数のお店から相見積りをとることをおすすめします。
最近では店舗を構えないでネット上だけで営業しているお店もあり、選択肢も増えていますが、サービス内容をしっかり確認することもお店選びの大事なポイントです。たとえば、発送する際に送料や、振込手数料など、経費負担がどうなっているかを確認することも重要です。

12洋食器の名称について

洋食器にはさまざまな種類があり、形や大きさなどにより名称が異なります。
肉料理や魚料理などのメインディッシュを盛り付けるお皿は「ディナープレート」と呼ばれており、一般的な大きさは23〜27pで、30pなどの大きなものも利用されます。フランス料理などではお皿をソースでデコレーションすることも多く、白いフラットなものが最も多く出回っています。
ケーキやサラダなどに使用する18〜22p程度のお皿は「デザートプレート」と呼ばれていて、こちらも白色が多いですが、ディナープレートなどと比べると色合いや質感などのバリエーションが豊富な点が特徴的です。
パンやケーキをのせる12〜17p程度のお皿は、「パンプレート」と呼ばれていて、取り皿としても利用されています。
22〜27p程度で深さがある汁物に適したお皿は、「パスタ皿」と呼ばれていて、パスタやカレー用に利用されることが多くなっています。お皿の表面がツルツルした質感のものが一般的となっています。
パスタ皿よりも深く、シチューや汁物料理に使用するお皿は「スーププレート」と呼ばれていて、下敷きとしてディナープレートを組み合わせて使用することも多く見られます。

FAQ一覧

お役立ち情報

ブランド食器を高く売るためのポイントが分かる内容となっています。
展開

PageTop

結婚披露宴の引き出物やプレゼントなど、お使いの予定の無いブランド食器(カップ&ソーサー・プレート・ティーセット・各種グラス・花瓶・陶器人形・クリスタルオブジェ)など高額にて買取を行なっています。お見積り無料・出張買取(東京・神奈川)もおこなっていますのでお気軽にお問合わせください。