ビレロイ&ボッホミニ知識|食器買取なら横浜・宇都宮・静岡・世田谷・千代田のライフバケーションにお任せください。

食器買取専門店 株式会社ライフバケーション
無料査定はコチラ

ビレロイ&ボッホ/villeroy-boch

1748年、当時ヨーロッパの中心部に位置していた自治国家のロレーヌ公国で、ドイツ人フランソワ・ボッホは3人の息子と6人の職人と共に陶製のテーブルウェアの製造を始め、1767年 ルクセンブルグのセットフォンテーヌに陶磁器工場設立します。当時の陶磁器の技術は開発は、各国しのぎを削って中国風磁器の開発に力がそそがれた時代でした。ヨーロッパで初めて磁器の開発に成功したのが1710年にドイツのマイセンでしたが、そのわずか38年後にフランソワ・ボッホが工場を設立し、磁器開発の研究を重ねていきます。

ロレーヌ地方はその土地の地域性から幾度となく領主が代わりフランス領の時代やドイツ領の時代と変遷を繰り返します。フランソワ・ボッホの3人の息子はオーストリア領ルクセンブルグ市郊外のセットフォンテーヌに工場を移設し、マリアテレジアの庇護のもと「王室御用達」 として紋章入りの製造を許可されます。また、税金面なども優遇を受け事業を拡大していきますが、フランス革命によって事業解体に追い込まれますが、三男のピエール・ジェセフ・ボッホ によって再建され、彼の秀でた実業家としての手腕により、高品質の陶器と製造が困難な磁器製造でその地位を不動のものにします。

一方、ビジネスに長けていたフランス人のニコラ・ビレロイは、ザール河沿いの町ヴォードルヴァンジェに1791年陶磁器工場設立し、産業革命の発祥国イギリスから優秀な職人を招き様々な技術を模倣、研究します。その中に銅版印刷や燃料を石炭に替えた製造法、生産工程の工業化に尽力しました。

1809年 ベネディクト寺院を買取し今日まで本社として受け継がれています。
ボッホ家は、ザール河沿いのメトラーにある寺院を買取し、近代的な陶磁器工場へと造りかえました。 世界初の水力でまわすろくろを導入。森林の保護と効率性を考慮し製造工程で窯の燃料を石炭に変更するなど、製造工程を見直し、時代の先端技術である機械化をいち早く取り入れています。1812年に職人たちにより結成された「アントニウス組合」は、後にビスマルク政権がドイツで最初に福利厚生法を定めた際のモデルになるなど、社会に大きな影響を与えました。このことにより貴族の爵位が授与されました。

1836年 ビレロイ家とボッホ家が合併、ビレロイ&ボッホ社誕生
 マイセンの磁器製造の技術が流出後ヨーロッパの陶磁器産業は競争が過熱していきます。そんな中、ジャン・フランソワ・ボッホとニコラ・ビレロイは各々が所有していた3つの工場(メトラー、セットフォンテーヌ、ヴォードルヴァンジェ)を合併、ビレロイ&ボッホ社が誕生しました。ヨーロッパ大陸で初の青色銅版印刷や彩色石版刷、1850年にはボーンチャイナの製造に成功しました。後にピエール・ジェセフ・ボッホの息子ユージンと、ニコラ・ビレロイの孫娘オクタヴィーの結婚により名実ともに家族となりました。

1848年 ドイツ・ワダガッセンにガラス工場設立
ドレスデンに新工場を設立後、1869年にはメトラーにモザイク工場設立。メトラーの工場はヨーロッパ初のタイル製造専門工場であり、「メトラータイル」 は大変有名になり、1879年メルツィヒにタイル工場を新たに設立し、各国から注文が殺到しました。その後世界最大のタイル工場となり、建築用のテラコッタの生産も開始。

1887年 装飾品及び衛生陶器に本格参入
第7代プロイセン王で初代ドイツ皇帝のヴィルヘルム一世とその息子で第2代ドイツ皇帝フリードリッヒ三世用に製造し、、翌年には第4代バイエルン国王ルードヴィッヒ二世のために製造されるのをきっかけに、競合他社に先駆け大幅に業務拡大をいました。ビレロイ&ボッホの知名度が飛躍的に高まります。
更に、1900年には アーティストによるデザイン参加が試みられ、ユーゲント・シュティールの有名なアーティストたちが、ビレロイ&ボッホの多種多様な製品のフォルムとパターンをデザインしました。この時期より多くの陶磁器製造工場は、衛生陶器の大規模な生産が開始。一般大衆の浴室用陶器などが行き渡り、公衆衛生が飛躍的に改善されていくことになりました。

1976年にはゼルブ地方最大規模の高質陶磁器製造会社のボーンチャイナ・メーカーのハインリッヒを吸収合併し、1986年には陶磁器メーカー、ガロ・デザイン、1989年にはシルバーウェア・メーカーのコック&バーグフェルドを吸収することにより、現在のテーブルウェア部門のベースが出来上がりました。

2001年 メトロポリタン・コレクションを発表。21世紀のライフ・スタイルを表現したシンプルでモダン、マルチ対応可能な製品は、食器メーカーに留まることなく、ホームウェア・ブランドとしてのトレンドの発信ブランドとしても存在感を際立たせています。

PageTop

結婚披露宴の引き出物やプレゼントなど、お使いの予定の無いブランド食器(カップ&ソーサー・プレート・ティーセット・各種グラス・花瓶・陶器人形・クリスタルオブジェ)など高額にて買取を行なっています。お見積り無料・出張買取(東京・神奈川)もおこなっていますのでお気軽にお問合わせください。